はじめてみました、PSO2。

とあるブログでPSO2と出会い、 PSO2をはじめてみました。 オラクルで感じたコトを、 マイペース不定期更新で記録しています。

カテゴリ:アナタに会いに編

だいぶ前の話になりますが、 昨年の年末に開催された"アークス大忘年会"でのコト。 某お豆腐屋さんのブログにて、 "こっそりきてまして、PSO2" という文章をみつけた私はship2へと向かいました。 会いたい人に、会うために。 ※ その時のコトはこちら↓に書いています。 ...

「アナタに会いたくてはじめたようなものなので、アナタがイヤだったらやめます!」気がつけばそんな言葉をうちこんでいた。でもその言葉にウソはなくて。ずっと思っていたことで。アナタが「やめてください」っていったら何時でもすぐにでも消すつもりだった。せっかく会え ...

「あ・・・」緊急クエストに参加しているパーティー一覧をみていた手がピタリと止まる。難易度ノーマルに挑もうとしている人がいたのだ。でもパーティーへの参加者は今のところなく、別パーティーの参加者もいない。その方のレベルは20代後半、腕試し・・・とも考えられなく ...

さてさて、私とRさんとLさんの三人は少しだけ休憩をとったあと、地下坑道にギルナスを探しに出発しました。「よし、みんな俺にづづけよ!」「はい!w」「あ、LさんLさん。そっち行き止まりッポイですよ!!」「なに“ポイ”だと?いいか自分のカンだけを頼って進むのは危険 ...

『どうしようかな、いきなり誘ったら迷惑かな・・・?』周囲に突然あらわれたエネミーをすべて殲滅することに成功し、私とパーティーメンバーさんの“エマージェンシートライアルの成功を祝うオートワード”が私のチャットログを青い文字で埋めていたとき。私はオートワード ...

つたわらない。私の思いはこれっぽちもつたわらない。こんなにも必死でつたえようとしているのに。アレコレといろいろやってみているのに。あなたは首をかしげるダケ。――――――――――――――――さてさて、二月も中旬になったこの日。私は1人で惑星リリーパに降り立 ...

「や、やったーーー!」バチバチと火花をちらせながらやっと動かなくなったトランマイザー。その姿に思わずPSvitaをにぎりしめていた私は喜びの声をあげました。そして急いでチャットパットを開くとこちらに向かって走ってくるカタナ使いのアークスさんへ、「これでやっと先 ...

「ひええええ!?」そのグッジョブをみた瞬間、思わずへんな声がでてしまいました。ついでに意味もなくあたりをキョロキョロと見渡したりしちゃいます。『この名前は・・・でもどこで会ったんだろう?』グッジョブの送り主の名前とその内容をあらためてみながらウンウン悩み ...

↑このページのトップヘ