さてさて。

閉会式が終わっても、
私はふらさんの姿をみつけることができませんでした。


『もしかしたら会えないかもしれないけど、最後まで探そう』


だんだんと人がへっていくロビーを、
ひとり走りまわりながらそんなコトを考えていたとき。

その名前のアークスさんはふらっと、
私の視界に入ってきました。


閉会式の会場からすこしはなれた、
各ショップへと続く坂道の真ん中あたり。

そこにある花壇のすぐそば。

ポツンとひとりで立っている、
黄色いラッピースーツを着たアークスさん。

そのアークスさんの頭上には、
半年前にみた名前。


「ふらさんだ・・・」


ポツリとこぼれる言葉。


『みつけた、声をかけなくちゃ!』


そう思って。

いそいでふらさんにウィスパーチャットを送ろうとしたのですが、
急にふらさんラッピーがウロウロと走り始めたのです。

あわてて後を追いかけましたが、
あっさりとその姿を見失ってしまいました。

でもここまできたら、
あきらめるコトなんてできません。


『もしかしたら、ふらさんはおとうふさんを探しているのかもしれない?』


そう考えた私はショップエリアを後にして、
クエストカウンターのあたりを中心に探してみました。


受付・・・いない。

ブロック移動用のテレパイプ側・・・いない。

ハンスさん側の倉庫、ビジフォン前・・・いない。

じゃあ反対側は・・・いた!


運よく再びふらさんラッピーをみつけるコトができた私は、
いそいでキャラクターを選択すると、


「おひさしぶりです!」


と、ウィスパーチャットを送りました。


するとしばらくしてから、


「こんばんは、こんな世をしのぶカッコで申し訳ないです」


と、お返事がありました。

とっても嬉しかったです。

嬉しかったのですが・・・。



自分のキャラクターのカッコがあまりにもロックで、
そんなカッコでふらさんラッピーと向き合っている姿が、
なんだかちょっとシュールで。


『個人的にすっごく感動的なシーンなのに!』

『いやいや、すごく感動しているのに!』

『最高にロマンチックでドラマチックな気がするのに!』

『なんだって、なんだって私はこんなふざけたカッコでふらさんラッピーに話しかけているんだ!』

『ふらさん私のコトなんて覚えてないかもだし、だいだい覚えていてくれたとしてもこんなカッコじゃ、絶対わからないよ!セカンドキャラクターだし!』


と、ひとりでクスクスと笑ってしまいました。


「・・・」

「・・・」


そんなこんなで。

しばしみつめあうふらさんラッピーと、
ロックな姿の私なのでした。




―――――――――――――――――――――――――――――





ちょっと妄想していた“感動の再開”とは違いましたが、
私はふらさんとちゃんと再会するコトができたのです。

今回もふたりきりでゆっくり・・・とはいかなかったですが、
前回よりはたくさんお話するコトができました。

ふらさんに伝えたかった感謝の思いも、
自分なりに伝えたつもりです。



そして気がついたコトがひとつありました。



それは“終わりがあるから”というコト。


ゲームの世界だけでなく、
どんな物語もいつかは“おしまい”になってしまいます。

大きくいってしまえばリアルだって、
いつは“おしまい”になってしまうんですよね。


いままで“おしまい”はさみしいモノだと思っていました。

“おしまいになんてならなければいいのに”と、
思うコトがたくさんありました。


でも“おわり”があるからこそ。

今、この瞬間が。

“ステキだな”って、思えるんですね。







さてさて。


もう一度、ふらさんに会えた。

一緒におしゃべりできたし、
ちょっとワガママをいってフレンド登録もしてもらった。



だからこれで。

私の“ねこ”としての物語は“おしまい”になりました。



ふらさんのブログにあこがれて。

わざわざオラクルにまでやってきて。

ブログまではじめちゃって。


いっぱい笑って。

いっぱい悩んで。

いっぱい遊んで。

いっぱい思い出ができて。


そんなステキな経験ができたのも、
ぜーんぶ、ぜーんぶ、
ふらさんがいてくれたから。

ふらさんが“はじぷそ”を書いてくれたから、
だから私はここまでこれたんです。



ありがとう



本当にステキな物語を。

たくさんの夢を。

ありがとう、ふらさん。



私はあなたのコトが。

そして“はじぷそ”が。

だいだいだいだーーい好きです!!!














『はじめてみました、PSO2。』  ― お し ま い。 ―