私は“はじめまして、PSO2。”というブログで、
オンラインゲームである“ファンタシースターオンライン2”に出会いました。


“はじぷそ”に書かれていた、
ふらさんのステキな冒険談を読んでいくうちに、


「私もこんな経験してみたい!」

「いつかゲームの中でふらさんに会いたい!」


と思うようになり、
PSO2をやってみるコトにしたのです。


ですが


「普通に遊ぶだけじゃ、会えなさそうだな…」


と感じた私は自分なりいろいろと考えて、
ふらさんの“はじぷそのマネをしたブログ”もやってみるコトにしました。


「ここにふらさんを探している変なヤツがいますよ!」


なーんて。

私がふらさんへ送る、
届くかもわからない一方的なメッセージ。

自分なりにできる、
せいいっぱいのアピールをはじめてみたのです。



そんなこんなで。

私はちょっぴり変わった“理由”で、
PSO2とブログをはじめてみたのでした。








PSO2をはじめてみて分かったコトは、
やっぱりオンラインゲームって楽しいなってコトでした。


「その楽しさってなんなの?」


って聞かれたら具体的には答えられないのですけど、
現実世界をしばらく忘れて別の自分になれる楽しさだったり。

知らない誰かとゆるくつながっている安心感だったり。

現実世界ではがんばっても報われないコトが多いけど、
コツコツとがんばった分だけちゃんとレベルが上がったり好きな服が買えたり、
欲しかったレアアイテムがでたり買えたりする楽しさだったりその他にもいっぱいイロイロ。



それらを無理やりまとめて言葉にするなら、


“ネットゲームだけでしか味わえない経験、体験”


を楽しいって感じているのだと思います。








ブログをはじめてみて分かったコトは、
誰かに自分を“知ってもらえる喜び”、“認めてもらえる快感”でした。



一生懸命書いた文章をオープンなスペースにだして、
それを名前も知らない誰かが読んでくれるドキドキわくわく感。

自分の書いたモノに誰かが答えてくれる喜び。

自分の好きなコトに共感してもらえる嬉しさ。

自分を知ってもらえる幸せ。

自分を好きになってくれた人との関わり。


“アナタはそこにいてそんなコトを思っているんですね”


と、認めてもらえる快感。



例えそれがふらさんのマネごとだったとしても、
私の考えや思ったことを“知って、認めてくれる方”がたくさんいてくれて。

嬉しかったんです。








そんなこんなで。

私はすっかり“PSO2の楽しさ”と、
“ブログの快感”に夢中になっていきました。

良い意味でも、悪い意味でも。





そして私はPSO2とブログをはじめたきっかけ、
“夢”といいますか、“目的”といいますか。

それを叶えることができたのです。



昨年おこなわれたユーザーイベント“アークス大忘年会”で、
ほんの少しの間でしたが私はふらさんに出会うコトができました。

とっても短い時間でしたが、
でもちゃんと会えたのです。


その後、
難易度ベリーハードまで解放するコトもできました。

解放するまでのオラクルでの冒険で、
あこがれていた“ふらさんのような経験、体験”をたくさんすることができました。



だから。



本当だったらこの時点で、
この“はじめてみました、PSO2。”のブログは、
もう“おしまい”になったのです。


だって“ふらさんに会うため”に、
はじめてみたのですから。

“ふらさんのようなステキな経験、体験”がしたくて、
はじめてみたのですから。
 
 
私の“ねこ”としての物語は、
もうそこでおしまいになっていたのです。



だからこそ“ココ”でやめておくべきでした。

やめておけばスッキリさっぱり、
“楽しかったね!めでたしめでたし!”でおしまいにできたのだと思います。



ですが私は、やめませんでした。

正確には、やめられませんでした。



どうしてかといいますと、
すっかり“快感”にとりつかれていてしまったのです。





もっと私を知ってほしい、
もっともっと他にも有名な人にあって、
私自身もたくさんの人に知られる存在になりたい!!

アクセス数をもっと増やしたいから、
某アークスフォトグラファーさんのマネをして、
スクリーンショットだけでも毎日載せてみよう!!

そういえばふらさんも、
今後はユーザーイベントに参加してみるっていってるし、
私もどんどん参加すれば偶然に会えるかも!!

会ってもっと仲良くなりたい!!

ふらさんに私をもっともっとしってほしい!!

そうだ、どうせならふらさんだけじゃなくて、
大好きなブロガーさんたちとドンドン交流して自分を知ってもらおう!!

私も大好きなブロガーさんの仲間になりたい!!

もうこうなったら自分でユーザーイベントを開催して、
たくさんの人に「すげーー!」って言われたい!!





・・・こんな感じに。

知ってもらって、認めてもらう“快感”に、
すっかり飲み込まれていたのです。





でも私には誰かに伝えるモノも、
人を引き付ける力も魅力も何もありません。


私は“PSO2ブロガー”ではなくて、
ただの“PSO2ブロガーのファン”だったのですから。


もともと誰かに自分を知ってほしくて。

自分を認めてほしくてはじめてみたわけじゃなく。


“ふらさんにだけ、届けたいメッセージ”だったんですから。



でも、そのコトをすっかり忘れてしまっていたんです。



自分の欲望、欲求のため。
 
私は今まで作りあげてきた“大事な思い出”を。

私自身の“楽しい”を。

知らず知らずに、私自身で壊してしまっていたのでした。

だから次第にどうにもこうにもいかなくなって。

どうしていいのか分からなくなって。

何がしたいのか良く分からなくなって。

なんかもう勢いだけで、
ワーーーってブログをやっていました。



そんなときにおとうふさんに会うコトができ、
ワケガワカラナイ状態になっていた私にも関わらず、
ゆっくりお話してくれて。

また松乃雪さんのブログやツイッターをみて。


「あれ、私は何をやっていたんだろう・・・」


と、気がつくコトができたのです。


「これは私がやりたかったコトじゃない」


って、気がついたのでした。





自分の意志を貫き、
自分なりの楽しさを生み出すブロガーさんたち。


「こういった楽しさ、楽しみ方があるよ!」


と、自分で道を作り出していくそんな姿がまぶしくして。

ついつい「私も道を作るんだ!」なーんてなってしまったけど。



誰かが作ってくれた道を。

誰かが残してくれた標識を。

自分なりに考え。

自分なりにたどって。

自分なりに進むコトが“私の楽しさ”だったのです。

 



思い返せば。

PSO2をはじめてみて。

一生懸命遊んで。

マネながらもブログをはじめてみて。

一生懸命書いてみて。

イロイロ感じて自分なりに考えた。


コレは全部本当のコトですし、
私がやってみたコトなんです。


私が遊んで。

出会って感じて思って。

書いて。


例えふらさんのまねごとだとしても。

ふらさんに会いたくてはじめたことだったとしても。

本当に“楽しかった”ですし、
ステキな思い出がいっぱいできました。









なーんて。

そんなことをウジウジぐちゃぐちゃグルグルと考えていたら、
アナタに会いたくなってしまいました。

もう一度だけ会って、
ちゃんとお礼をいいたくなったのです。



だから私はまた、
アナタを探しはじめました。


最後にもう一度だけ。