さて、昨晩のコトです。

今度こそ第三回ガンナーチャレンジのお見送りをしようと思った私は、
早めに共有shipへとやってきました。


『もう誰かいるのかな・・・?』


なんてドキドキしながらのぞいたフレンドリストには、
しっかりと主催者さんの名前が表示されています。


『よしよし、今日は開催日を間違えてなさそう!』


なんて一人でウンウンとうなずく私、
ホッと一安心です。



主催者さんはいつも早めに来ている方なので、


『もうロビーで待機しているのかな?』


なんて思いながらどこにいるのか見てみると、
どうやら“やりこみ推奨ブロック”でクエストの真っ最中の様子。


『もしかしたらこの後のイベントのために、チャレンジクエストを予習復習しているのかな?』


なんて勝手にそんなことを妄想していたら、


『私も何かに挑戦したい!』


ってメラメラと挑戦心が燃えてきて思ってしまって、
ソロでチャレンジクエストに挑んでみるコトに。



結果はM1のロックベアの手前でエネルギーがなくなってしまいました。


ソロチャレンジ!


うーん、やっぱりチャレンジって難しいケド面白い!


と、そんなコトをやっているうちに良い時間になって、
私はガンナーチャレンジのみなさんを探して開催ロビーをウロウロ。


「主催者はあそこにいるゾー!」


と、とある方のチャットでみなさんを発見した私は、
挨拶だけすませようとして・・・まさかの誤爆。

でもそのおかげでチェコにタミヤ系のお店があるコトを知って、
チェコ語での“さよなら”を覚えるコトができました。



かるく雑談をしたのあと、
主催者さんを中心に攻略会議がはじまります。

相変わらずチャレンジ用語がまだ分からない私ですが、
なんとなくイメージはできるようになってきました。

でもまだまだ勉強不足!


作戦会議をメモメモ


そして作戦会議が終わると、
攻略組のみなさんはゲートへと飛び込んでいきました。


「じゃあ、行ってきます!良い報告ができるように・・・!」


ゲートの手前で主催者さんがお見送りの私に一言。


「ファイトです!」


そんな言葉をかけることしかできない私。


『なんだかもどかしいな、私もみんなの力になれたらいいのに』


うらめしげな目で見つめる私。

主催者さんはそんな私に一礼をすると、
トレードマークの帽子をかぶり直しゲートへ飛び込みました。



一人ロビーに残った私は、


『いつか私もあの中に入りたい!』


と、拳をグッと握りしめるのでした。




――――――――――――――




その後、チャレンジ修行をしようと思ったのですが。

すぐそばにいたアークスさんが、


「チャット推奨ブロックで集会やってるらしいぜー!」


と話している声が聞こえてきてしまった私は、
ちょっとのぞきにいくことに。



そしたらすごいたくさんのキャストさんが!

たくさんのキャストさんが!!



みなさんのキャラクタークリエイトの素晴らしさに、
すっかり時間を忘れてみとれてしまいました。



そのうちにみているだけじゃ満足できなくなって、
かってに整備しだした私にノリノリで応じてくれるステキなキャストさんたち。

半人前整備士
ベテランキャストさん    「おいおい、そこの調整まちがってるゾ!」
半人前整備士のねこ 「す、すみませーーん!」
整備中のキャストさん  「(大丈夫かな、このメカニック・・・?)」


システム調整なぅ
半人前整備士のねこ 「あー、おじいちゃん全然メンテしてないでしょう!」
ベテランキャストさん    「ん・・・ああ、その忙しくてな?」


なんて妄想スクリーンショットもとっちゃいました。



やっぱり魅力的なキャラクター(プレイヤー)がたくさんいる場所って、
いるだけでワクワクしちゃって楽しめますよねー!




――――――――――――――




ガンナーチャレンジへと挑むアークスさんの後ろ姿。

ワイワイお祭り騒ぎのキャストさんたちの後ろ姿。


どちらも最高にワクワクさせてくれる、
ステキな後ろ姿でした。


私のセナカ



なにかに夢中なアナタのセナカが、
私に夢をくれるんです。