さてさて、おとといのコトです。


またまた、


『クラスしばりチャレンジやりまーす!』


との情報を聞きつけた私は時計とにらめっこしながら、
いそいでやるコトを終わらせるとオラクルへ飛び込みました。



今回のしばりチャレンジは突発イベント第2弾で、


"大好きなクラスでチャレンジを楽しもう!"


という主な目的は前回と変わりません。

ですが前回と大きく変わる目的が追加されました。



それは


"役割を明確にして、より遠くまで(M6以降)いきたい!"


というものでした。



そのため人数も前回の12名募集から大きく減って、8名の募集。

エネルギーの消費は抑えられますが、
その分ひとりひとりにかかるプレッシャーが大きくなり、
求められるプレイヤースキルもグーンとあがっちゃう気がする少人数でのチャレンジ。



そして"ただ楽しむ"だけじゃなくて、
"少しでも先に進みたいという意思"をもってのチャレンジ。



パッとみただけだと、
なんだかとっても難しそうですよね。

実は私もこの追加された目的をみたときは、


『今回は参加するのをやめておこうかな・・・』


って思ってしまいました。



だって、ゆるゆるとPSO2遊んでいる私は全然プレイヤースキルもないですし、
ガンナーだって最近練習をはじめたばっかりのヘッポ子です。

チャレンジだってM5から先には進んだコトがありませんし、
M5までの道のりもまだあやふやなコトが多いですし、
チャレンジ用語も満足にいえませんわかりません。

そんなこんなをグチグチと考えてしまい、


「こんな私が参加しても、足をひっぱること間違いない」


って、自分で勝手に思ってしまったんです。



でもでも、私は参加しちゃいました。



"先に進むコト目指します!"

"そのために役割を明確にします!"

"人数も少なめで行きます!"

"だからチャレンジをクリアしてなくてもいいですが、セオリーをそこそこご存じのアークスさんで!"



今までの私だったらこの文章をみただけで、


『難しいそうだな・・・やめておこう』


と、あきらめてしまって。



いいえ、そうじゃないですね。

あきらめではなく、

"(私が)楽しめない"

と思って、きっと参加はしませんでした。



でも、今回は違いました。

上手くいえないんですけど、
私はチャレンジしたかったのだと思います。


"このアークスさんたちと一緒に挑みたい"

"私自身がもっと先に進みたい"


そしてなによりも、


"おもしろそう!"


って、そう思えたから。

思ってしまったから。


『足をひっぱるかどうかなんて、やってみないと分からない!』


そう自分にいいきかせると、
私は"より前へと進む"意思を持った5名のメンバーの一人となって、
チャレンジクエストへと挑んだのです。



こうしてはじまった、
しばりチャレンジクエスト。

何度も倒れてムーンを使っていただきました。

インターバルで武器の交換にもたついてしまい、
回復アイテムを補充するコトができませんでした。

譲っていただいたレア武器が上手く使えず、
他の方に渡した方が良かったとものすごく後悔しました。

M5では経験不足のためパニックになってしまい、
ぜんぜん動けませんでした。


それでも自分にできるコトをセイイッパイ頑張りました。



今回は2回挑むコトができて、
結果2回ともM5まででした。



正直、悔しかったです。

すっごく悔しかった。



自分の力不足もイヤってほど思い知りまし、
イベントが終わったあとの雑談では自分の知識のなさをイヤってほど感じました。



でも、すっごく楽しむコトができました。

参加して良かったと思いました。



そして、


"いつかこのメンバーの一員として全部クリアしたい!"


という、大きな夢もできました。






そんなこんなで。

私はただいま、
めったにみないwikiや攻略を書かれているブログを読んでチャレンジについて猛勉強しています。

そして学んだコトを実践すべく、
昨晩も一回だけ野良でチャレンジへ挑んだりしています。



もっと、知識をふやしたい。

もっと、上手くなりたい。

私がもっともっと、力になれるように。

みんなで少しでも、まえへまえへ進めるように。


ぼかーんとやっちゃうぞ!






夢を叶える、"いつか"のために。