さてさて、昨晩のことです。

私はあるコトに気になってしまったのです。

そのあるコトとは、
先日フレンド登録をしていただいたあるアークスさんのコトでした。



ちょっと前のコト。

ずっと会いたかったアークスさんの情報を、
“とある某ガスマスクちゃん(天使)さん”から仕入れるコトができた私は、
そのアークスさんと思われる方に思い切ってGJを送ってみたのです。

そしたらなんとも嬉しいコトに、
フレンド登録をしていただいちゃったのです!

ですがなかなかログイン時間があわなくて、
今だに実際にお会いすることはできていません。

なので最近は、


『ログインできる日はなるべくPSO2の世界にいよう!』


とか思ってちょこちょこログインはしてはいたのですが、
入ったら入ったで楽しそうなコトがいっぱいなので、
ついついそっちへフラフラ~~っといってしまうコトが多くて・・・。



いつか会えればいいんですけど、
こんな感じだと一向に会えそうな気がしないぞ私。



そんなわけで私は会いたい人に会うべく、


“ブログを書きながら、PSO2にログインをする”


という作戦にでてみました。

幸いにも私はPSvitaでのプレイヤーなので、
ノートパソコンでブログを書きながらでも気軽にログインするコトができます。

光のトンネルを抜けてPSO2の世界に入ると、
近くのイスにすわってオンラインステータスを“別途作業中”にすれば準備オッケイ!

あとはちょこちょこフレンドリストを確認すればいいだけです。

なんだかストーカっぽい気もしちゃってアレなのですが、
この広い世界で会いたい人に会いたいと思ったら、
コレぐらいはしないと会えないのです!

大丈夫、大丈夫。

セーフです、セーフ。



そんなこんなで。

フレンドリストを確認して、
やっと集中してブログを書きだそうと思ったとき。

みつけてしまったんです。

久々にログインしていた別のフレンドさんを。

そのフレンドさんはマイペースに遊ぶ私を何かと気にしてくれて、
話しかけてきてくれたり、メッセージをくれたりする自称老兵さん。

最近はお互い忙しくて、
なかなか会えるきかいがありませんでした。


『あ、いた!』


そう思った私は気がつけばそのフレンドさんのマイルームへと移動していました。


「こんばんはー!」

「こんばんは」

「お久しぶりです!w」

「本当に久しいね」

「本当にw」

「フレンドパートナーを使ってくれたりしたから、生きているのは知ってたけど」


そんな感じのやり取りからはじまり、
いろんなコトを話しました。

そのうちに別のフレンドさんも2人やってきて、
私たち4人はにぎやかなおしゃべりを楽しんだのです。

気がつけばあっという間にログアウトの時間になってしまいました。



野良での新しい出会いも。

ユーザーイベントでの新しい出会いも。

とってもとっても楽しくて大好きです。


だけど。


マイペースに遊んでいる私を気にかけてくれるフレンドさんがいる。

どんなときでもフラっと顔をだせば、
イヤな顔一つしないで楽しく話しかけてくれるフレンドさんがいる。

広くてときには迷ってしまうこの世界では、
そんな方がいるってことは本当にありがたくてその存在が大きくて。

私がこんな風に自由気ままに遊べているのは、
そんなフレンドさんたちに支えられているからなんだって。


そう強く感じた日でした。



必殺技を決めた直後感






たくさんの人に出会いたい。

色んな人と遊びたい。

広く浅く、気楽に気ままに。



気が合うフレンドさんのことをもっと知りたい。

いっしょに夜明けまでしゃべり明かしたい。

狭く深く、ときは傷つき傷つけられて。



この二つのはざまで、
私は今日も揺れています。